不動産投資の初心者さぼてんが勉強するブログです

不動産投資の初心者!さぼてんの勉強ブログ

不動産投資でキャッシュ・フロー月100万を達成して独立する日を夢見て、日々不動産投資の勉強をしていくブログです

不動産投資の初心者!さぼてんの勉強ブログ » 不動産投資の読書録 » 伊藤邦生さんの「儲かる不動産投資は、地図から探せ!」を読んでみました

伊藤邦生さんの「儲かる不動産投資は、地図から探せ!」を読んでみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

 

図書館で借りて読みました。
伊藤邦生さんという方は東京在住ということですが、栃木、三重、山梨といった地方の物件で不動産投資されているそうです。
自分も最初に水戸大家さんの無料レポートを読んだので、都内ではなく地方の1棟アパートがいいかなあとは思っているものの、それでも家から車でいけるところぐらいかなと思っていました。

 


浦安に住んでいますので、地方といっても遠くても群馬、栃木といった関東圏内までかなぁと思っていました。
そもそも土地勘が全くなかったり、いざ何かがあったときにすぐに行けなそうなぐらい遠いところは投資対象外と思っていました。

 
でも、伊藤邦生さんのこの本では、地方で土地勘がないところの物件でも、地図をみればある程度のことは分かるってことみたいです。
投資対象としたい物件の良し悪しというのは地図をみて判断するとの事。

具体的には、面、線、点で分析していくとのこと。
面というのは、その物件がその街のどういったエリアに位置いているものなのかということ。
駅近くの繁華街なのか、昔ながらの商店街があるところなのか。
あるいは市役所などがある昔ながらの中心地なのか。
最近、地方では駅近くよりも郊外のショッピングセンター周辺の方が栄えていることが多いらしいので、そういったエリアも有望とのこと。
また、工場など、その地域の人が働く場があるエリアなのか。

 
そういった面でまずは地図を大雑把に把握し、その上で人がどういった流れで生活していくのかを見るのが線ということ。
最後の点というのはその物件の位置になります。
こういう面、線、点という視点で地図をみることで、その物件はその地域でどういった位置にあるかが浮き彫りにされるということみたいです。
要するに、入居者が実際に入って儲かるかどうかが分かるってことですね。
自分は土地勘が全くないような地方については最初から不動産投資の対象外だと思っていましたが、こういうマクロの視点からみればある程度の判断はできるのかもしれませんね。
関東圏、首都圏よりも地方の方が高利回りのお宝物件はありそうですし。
地方は人が少ないから空き家リスクが高そうって短絡的に考えていましたが、実際に人も住んでいて、そこで働いているわけだから賃貸需要は必ずあるはずですよね。
伊藤邦生さんのマクロ的な地図の活用によって、地方のお宝物件を見つけ出すことも不可能ではないのかなと思いました。
不動産投資の本をいろいろと読み進めていますが、こういう地図の見方を解説した本というのは他にないかんじがしました。
とても新鮮で面白かったです。

 
自分はまだ不動産投資をはじめていませんが、最初の1件目からいきなり地方というのはやっぱり怖いかなぁ・・と思いました^^;
やっぱり、距離って大事だと思うんですよね。
何かがあったときに距離が遠いと、それだけでヤキモキしそうw
自分はアフィリエイトで税理士をつけないといけないというときも、距離は遠いけど安くてよさそうな人がいたのに、結局ちょっと高いけどすぐ近くの人にしたのでした。
近いおかげで気軽に相談にいけるのはメリットかなぁとは思います。
一方で、お金という面ではちょっと損しているとも思います。
不動産投資も地方を狙っていけば、利回りという面ではあげられるのかもしれませんが・・・。
なかなか迷うところですね。


応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
プロフィール


普通のサラリーマンですが、副業のアフィリエイトで月200万ほど稼いでいます。
アフィリエイトだけでは心配なので、不動産投資にも挑戦したいと思いたち日々勉強しています。
不動産投資からも月キャッシュフロー100万を達成したら、サラリーマンをやめて独立したいと思っています。

応援クリックをお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
リンク

運営しているアフィリエイトに関するブログです。
アフィリエイトで月200万超を稼げるようになった経緯はこちらのブログに全て記録しています。

スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ
スポンサーリンク