不動産投資の初心者さぼてんが勉強するブログです

不動産投資の初心者!さぼてんの勉強ブログ

不動産投資でキャッシュ・フロー月100万を達成して独立する日を夢見て、日々不動産投資の勉強をしていくブログです

不動産投資の初心者!さぼてんの勉強ブログ » 不動産投資の読書録 » 山田里志さんの「あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方」を読んだ

山田里志さんの「あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方」を読んだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

 

図書館で借りて読む。
5年で会社を辞める方法ということで、まさに自分にとってぴったりの本だと思った。

 

自分も現在35歳で、40歳までにはなんとか会社を辞めたいな・・・・と思っているところ^^;
とはいえ、40歳で会社を辞めるためには不動産投資で月のキャッシュフロー100万を達成したいところ。
そのために具体的に何をすればいいのかが分かりやすく説明されていた。
山田里志さんというのはサラリーマン大家さんのパイオニア?的な存在で有名っぽいですね。
あの水戸大家さんも弟子的な位置づけで本書に掲載されていました。
サラリーマンが不動産投資をはじめるにあたって、有用な本、ブログ、サイトなどがかなり掲載されていて参考になった。
図書館で借りて読んだけど、1冊手元に置いておきたいかんじ。
いつかAmazonで中古で買おうかと思う。
自分は本は基本的に図書館で借りて読むので、ほとんど購入しないのだけど、これはサラリーマン不動産投資のバイブル的位置づけで1冊手元に置いておきたいなと思った。

 
2010年の本ということで、2016年の今からするとちょっと古いところもあるのかもしれないけど、不動産投資の本質的な部分の解説が参考になった。
とくに銀行からのローンの返済額の簡単な計算方法や家賃収入の目安の簡単な計算方法というのは勉強になった。
あくまでも目安なので、正確な収支計画についてはきちんとシミュレーションをする必要があると思うけど、この簡単な計算方法で大体の相場感覚をつかむことは大事だと思う。
ネット上に不動産投資先として優良な物件は1%ぐらいしかないということも書かれいて、そんなに少ないのかと肝を冷やした^^;
1%しか優良物件がないということは、99%は不動産投資としては不良物件であって、ほとんどの確率でババを引く可能性があるということか・・・。
不動産投資をはじめようと思ったら、とにかく早く物件が欲しいと思ってしまうものだけど、焦って99%のババ物件を引いてしまったら大変だよなと改めて思う。
不動産投資は大きな金額が動くので、一度の失敗が致命的になる可能性もあるし・・・。
そんな中、不動産投資で成功するためには、いかに1%の優良な物件を探してくれるかということにかかっているんだろうなと改めて思う。

 
山田里志さんが考える、不動産投資先として優良な物件の基準も明確に書かれていて非常に参考になった。
不動産投資先として優良な物件は、新築だったら利回り12%以上、中古だったら利回り16%以上は必要ということらしいです。
これは確か表面利回りということだったとは思いますが、それでも結構高い基準だよなぁと思いました。
健美屋などを見ていても、表面利回りがこの基準を超えるものって、そんなには多くはないですよね。
しかも、利回りが高いだけでもダメで、もちろん空室リスクが低く、積算価値も出るような築浅物件がよいとのこと。
そりゃそうなのだろうけど、そんないい物件なんて本当にあるのかなぁと思いました^^;
そんな物件がネット上に出たら、きっと誰もが欲しくなるのですぐに売れてしまい、自分の手元には回ってこなそうです。
不動産投資で成功するためには、いかに優良な投資先を気長に執念深く探し続けられるかにかかっているのかなと改めて思いました。
まぁ、とにかく不動産投資は焦らずに気長に構えるぐらいがちょうどいいのかもしれません。

 
とはいえ、40歳までに不動産投資で確固たる収入を確保して、会社を辞めるためには急いだほうがいいのかもしれませんが・・・。
ただ、自分の場合はアフィリエイトからの収入が月100万以上あるので、こちらを最大限伸ばすことに専念しておいたほうが賢い選択のような気もします。

 
あと、本書を読んでいてなるほどなぁと思ったのは、キャッシュフローの魔術に注意するということ。
こういう表現だったかどうかは覚えていませんが、とにかく借り入れ期間を長期にすることでキャッシュフローはとりあえず出せるけど、そのキャッシュフローを当てにして投資するのは危険ということ。
例えば、35年ローンで借り入れをすれば毎月数万円でもキャッシュフローが出るからといって投資するのは危険ということ。
35年先のことも考えて投資する必要があるってことですよね。
35年も先のことなんて誰にも分からないし、そのとき投資先の物件がどうなっているかも分からないし、賃貸市場もどうなっているか分かりません。
目先のキャッシュフローを目的に、長期の借り入れを前提とした投資はダメってことだと思います。
自分も不動産投資をしていくなら、長くても20年ぐらいの借り入れで収支をシミュレーションして考えていく必要があるなと思いました。

 
非常に勉強になり、サラリーマン不動産投資のバイブル的な本として手元においておきたい1冊でした。

 

 


応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
プロフィール


普通のサラリーマンですが、副業のアフィリエイトで月200万ほど稼いでいます。
アフィリエイトだけでは心配なので、不動産投資にも挑戦したいと思いたち日々勉強しています。
不動産投資からも月キャッシュフロー100万を達成したら、サラリーマンをやめて独立したいと思っています。

応援クリックをお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
リンク

運営しているアフィリエイトに関するブログです。
アフィリエイトで月200万超を稼げるようになった経緯はこちらのブログに全て記録しています。

スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ
スポンサーリンク