不動産投資の初心者さぼてんが勉強するブログです

不動産投資の初心者!さぼてんの勉強ブログ

不動産投資でキャッシュ・フロー月100万を達成して独立する日を夢見て、日々不動産投資の勉強をしていくブログです

不動産投資の初心者!さぼてんの勉強ブログ » 不動産投資の読書録 » 志賀公斗さんの「不動産投資でガッチリお金を残す節税のツボ」を読む

志賀公斗さんの「不動産投資でガッチリお金を残す節税のツボ」を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

 

図書館で借りて読む。
志賀公斗さんは不動産投資の節税に詳しい税理士さんのようです。


自分は不動産投資をまだはじめてもいないので、まだ読むべき本でもないのですが、図書館で「不動産投資」で検索して出てきた本を片っ端から読んでおります^^;
そんな中、見つけたのが志賀公斗さんの「不動産投資でガッチリお金を残す節税のツボ」
サラリーマンをやっていると、会社にも自分の携帯にも、しょっちゅう不動産投資の勧誘の電話がかかってきますw
そういう不動産投資の営業の電話の決まり文句は「節税になりますよ」ですw
そういう勧誘電話の不動産投資というのは、大抵、ワンルームマンションへの投資で、不動産投資で赤字になった分は、本業の給料と損益計算できて節税できますよって話だと思います(たぶんw)
節税するために、わざわざ赤字の投資をするなんて本末転倒じゃないのかなと思って、いつもスルーしていました。
でも、この志賀公斗さんの「不動産投資でガッチリお金を残す節税のツボ」はもっと高度な節税の話がぎっしりでした。
自分もあまり理解は出来ていないのですが、個人としてではなく法人として不動産投資をおこなうと、税制面でかなり有利っぽいです。
その一つでこれはいいかもと思ったのは、法人で不動産売買を行うと、他の事業との損益通算が出来るというモノ。
個人で不動産売買を行うと損益通算は出来ないそうですが、法人として売買をおこなえば他の事業との損益通算が出来るとか。
実は、自分はサラリーマンではありますが、アフィリエイトのほうで会社を一つ作っています^^;
その会社から役員給与という形でお金を受け取る仕組みにしていますが、毎期、法人のほうにも結構な利益が残ってしまいます。
残った法人の利益については、倒産防止共済とか小規模企業共済、その他の保険などにつっこむようにしていますが、ここに不動産売買も取り入れれば結構な節税になるのでは??と思いました。
アフィリエイトの方ですごい利益が出てしまったときには、保有している不動産を売却して損を出してしまえば節税になりそうですよね。
もちろん、損することを前提に不動産を買うのはよくないですが、そういう節税の選択肢もあるということは知っておいても損はないなぁと思いました。
しかし、こういう不動産による節税のこととか、うちの顧問税理士は知っているのだろうかw
以前、ふるさと納税で節税できると再三言ったのにもかかわらず、寄付金控除として所得控除にしかならないと言ってました。
税理士といってもピンきりなんですよね・・・。
というか、たぶん、うちが依頼しているところの担当者はそもそも税理士でもないのかもしれない。。。。
ちょっと確認した方がよさそうですね^^;


応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
プロフィール


普通のサラリーマンですが、副業のアフィリエイトで月200万ほど稼いでいます。
アフィリエイトだけでは心配なので、不動産投資にも挑戦したいと思いたち日々勉強しています。
不動産投資からも月キャッシュフロー100万を達成したら、サラリーマンをやめて独立したいと思っています。

応援クリックをお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
リンク

運営しているアフィリエイトに関するブログです。
アフィリエイトで月200万超を稼げるようになった経緯はこちらのブログに全て記録しています。

スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ
スポンサーリンク